シーガル倶楽部『第25回チャリティーディナー』

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 16:46

こんにちは。セントラルグループ広報室:広報担当です。

 

10月31日(月)、渋谷の街がハロウィン一色の中、セルリアンタワー東急ホテルにて、シーガル倶楽部『第25回チャリティーディナー』が開催されました。

これは、浄水器「シーガルフォー」を扱うグランドデュークス株式会社が「食の喜びを社会貢献につなげよう!」との思いから、各界の一流シェフにご協力頂き、美食を楽しむ機会を会員の方にご提供し、参加費の一部を日本聴導犬協会に寄付するという趣旨で開催しているイベントです。日本聴導犬協会への寄付は、聴導犬の育成と、捨て犬の保護という2つの側面を有しています。

 

弊社セントラルインターナショナル蠅眄亀代理店として招待して頂きましたので、私も参加・・・ピース

ただ美味しい食事を味わってきただけではありません!笑顔笑・・・しっかりと当日の様子をレポートさせて頂きます。

 

テーマは毎年違い、一昨年は『会席を極める』。昨年は『フランス料理を極める』。

そして、今年のテーマは『四川料理を極める』ということで、陳建一シェフ、陳建太郎シェフ、鈴木広明シェフ、菰田欣也シェフ、立岡池敏シェフの5人がセルリアンタワー東急ホテルに集い、腕を振るいました。

初めて参加させて頂いた私は、早くもオープニングの時点で素晴らしい演出に圧倒され、これから出てくる料理へのワクワク感がますます強くなりましたハート

 

・・・そして、ついに料理が目の前に運ばれてきました。

 

前菜

【クラゲの冷菜、蒸し茄子の唐辛子ソース、鯛のヒスイソースのせ焼き、牛肉の四川ピリ辛陳皮煮込み、本場四川のバンバンジー】

 

【イカのすり身スープ ふわふわ仕立て】

 

【鮑のパンチの効いた干鍋醤炒め】

 

【フカヒレの姿煮込み蟹卵ソース】

 

幻の1品

【四川飯店伝統のスモークダック】

こちらが、今回のチャリティーメニュー。会場のスクリーンに厨房の様子がリアルタイムで映し出され、ゲストは幻の1品として目で楽しみ、そのお料理を食べたこととして寄付をすることになっています。

スクリーンに夢中になって写真を撮り忘れてしまいました・・・ゴメンナサイ!!

 

【伝説の海老チリソース】

 

【加藤ポークバラ肉の四川漬物蒸し〜蒸しパンとともに〜】

 

【2種マーボドーフとご飯】

元祖 陳建民のマーボドーフ

 

現在のマーボドーフ

元祖のほうが辛く、現在のほうがやさしい味になっています。

 

【銀耳杏仁・炸鍋炸 お楽しみデザート】

以上が全メニューでした。

味はもちろんのこと、香りや盛り付けもたいへん美しく、ゲストを楽しませてくれました。

 

メニューの中には、辛み(しびれ)が強いものもありました。実は、私は辛いものがちょっと苦手・・・。食べた時、唇が真っ赤になって、汗がでてきてしまう程でした(笑)

美味しさと同時に、四川料理ならではの“しびれ”というものを知ることができました。

 

また、サプライズで嘉門達夫さんのスペシャルライブもあり、たいへん贅沢なひとときを過ごすことができましたワインワイン

 

このようなイベントを通して「シーガルフォー」の多くのお客様に【食事の楽しさ】【お水の大切さ】を伝えられていると同時に、社会貢献にも繋がっていることを強く実感でき、たいへん嬉しい気持ちになりました。

ぜひ、来年もこの素晴らしい食事会へ、多くの方々にご参加頂きたいと心から思いました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM